Blog

謹賀新年2024

2024年01月08日

新年早々に発生した能登半島地震により多くの人命が失われました。心よりお悔やみを申し上げると共に、行方不明者の早期発見と1日も早い復興を願っております。

2024-1 2024-2 2024-3
そんな中ですが、1月7日 (日) に恒例の平安神宮奉納剣道錬成大会が行われ、本殿でのご祈祷に続いて、元気を被災地に届けよと、素振りと打ち込み稽古に励みました。

昨年10月末から超多忙な日々でした。ざっとご紹介します。

藤木幸夫先生が、研究題目「ペルオキシソームの創生機構と欠損症研究によるオルガネラ病概念の確立」により日本学士院賞を受賞され、その祝賀会が10月30日 (月) に博多で開催されました。長年のご苦労が報われましたこと誠におめでとうございます。

2024-4 2024-5 2024-6

翌日から博多で生化学会大会が開催されましたが、中座し、11月1日 (水) に北京に向かいました。福岡−北京の直行便 (大連経由で時間がかかりますが) は水日しかないからです。目的は、清華大学で開催された International conference on neurological disorders from mechanisms to therapy に出席することです。コロナ禍後初の中国です。VISA をとらなければならなくなったのが厄介です。清華大学はとても広い大学でしたが、北京はやはり空気が悪い。講演では齊藤君の無糖鎖型 Seipin の話をしましたが、好評だったようです。Anne Bertelotti と再会し、旧交を暖めました。おもてなしは素晴らしく、天安門広場、Summer Palace (共に地方からのお上りさんでとても混み合っていました)、清朝時代風のレストランと、いろんなところに連れて行ってくれました。

2024-7 2024-8 2024-9

11月9日 (木) の慶應医学賞受賞については、受賞リストをご覧ください。

11月12日 (日) 〜18日 (土) には、ショウ賞を出しているショウ財団主催の香港受賞者フォーラムに出席しました (私は 2014 年受賞)。Cathay Pacific で一っ飛び、VISA も不要です。元々、2021年開催として計画されていたのですが、コロナ禍のために2年延期となり、今年やっと開催されました。11月12日 (日) に今年と過去3年分の授賞式がまとめて行われ、その後受賞者達によるショーウィークの始まりです。陳君も若手研究者として選ばれて参加しました。

2024-10 2024-11 2024-12

Diana と Oscar という大学生が代わり代わり ambassador として付いてくれて何かと楽でした。香港人は鳩を食べるということで、財団の方に紹介してもらい、Oscar にローカルレストランに連れて行ってもらって初体験しましたが、なかなかの美味でした。

2024-13 2024-14 2024-15

いろんなプログラムが組まれていたのですが、私の役目はシャペロニン研究で有名な Dr. Hartl と一緒に「タンパク質の品質管理」について一般向け講演をすること、陳君のような選ばれた国際的若手研究者と朝食を1回ともにすること、他の2人の天文学賞受賞者と共に高校へ出向いて質疑応答することでした。Dr. Hartl は研究所の方なので一般向け講演にには慣れていない様子でしたたが、私は場数を踏んでいるので、噛み砕いて話をすることができ、好評だったようです。

今回も博物館等、色んなところに連れて行ってくれましたが、船から見る香港の夜景は素晴らしいものでした。

2024-16 2024-17 2024-18

コロナ禍が明けましたので、4年ぶりに高取山で11月26日 (日) 27日 (月) に研究室旅行を行いました。人数が減っているので、寂しいかなと思い、京産大潮田研と合同で行うことを提案したところ、30人弱が参加してくれ、体育館での運動・B B Q・2次会を楽しむことができました。金君が東京のバイオベンチャーに就職するので、その送別会を兼ねました。

2024-19 2024-20 2024-21 2024-22

 


少年剣道・洛西大会

2023年10月14日

10月7日 (土) に武道センターにて標記が開催されました。学年ごとの個人戦と団体戦がトーナメント方式で行われ、小学3年生男子の部で牛田琥士 (こと) 君が2勝し、小学5・6年生女子の部で笹川初葵さんが3勝して、ともに見事3位入賞を果たしました。

Rakusai2023

琥士は今年4月に入団したばかりで、私が1から指導しました。うちの子には珍しく、背が高くて手足も長く、やる気満々で、デビュー戦での快挙達成です。初葵は全国大会出場から自信を深めたようで「メン」が冴えていました。デビュー戦で緊張したのか、力を発揮できなかった里紗子を除いて皆1勝以上し、師範の熱心なご指導により力がついて来ていることを実感しました。


青陵高校生の訪問

2023年09月15日

Seiryo

9月9日 (土) に、私の母校である倉敷青陵高校の生徒さん 30 数名が先生方と共に京都大学訪問に来られました。山陽道の一部区間がトンネルでの火災事故のために長期間通行止めになっていて、いつもより到着に時間がかかったようです。

分子細胞生物学体験プロジェクト「青色蛍光タンパク質をメダカの特定の臓器で発現させてみよう」と題して、30 分間の私からの全体説明に続いて、3班に分かれて 30 分ずつ順番に、1. 無菌操作とピペットマンの扱い方(私担当)、2. コロニーPCRと制限酵素処理後のアガロースゲル電気泳動、DNAシーケンサーによる確認(安田君担当)、3. メダカ個体を用いた蛍光タンパク質の観察、を駆け足で体験してもらいました。

参加された校長先生から本日「訪問させていただいた生徒たちは、先生の御講義に加え、研究設備や器具の使い方などを直接御教授いただく機会を得、貴重な経験となったと思っております。今回の訪問をこれからの生活や将来に生かしてくれるものと期待しております。今後も、お手を煩わせるようなお願いを申し上げるかもしれませんが、後進の育成に向け、御協力を頂ければ幸甚です」とのメールをいただきました。質問も出て、みんな高校生らしい元気さと好奇心で一杯でした。

 


Mary-Jane の来日

2023年08月26日

私のテキサス大学時代 (1989年4月〜1993年9月) のボス Mary-Jane Gething がオーストラリアから来日しました。私の直接のボスであり、夫の Joe Sambrook は4年前に亡くなり、Mary-Jane の両親から受け継いだ牧場も売って一息着いたのでしょう。日本の大部分を一周するクルーズ船に乗るとのことで、出発地の神戸に8月23日 (水) にやって来ました。24日 (木) に、Mary-Jane のオーストラリアのラボに半年間留学していた吉田秀郎氏にホテルまで迎えにいってもらい、特急に乗って昼前に京都駅に来てもらいました。何年振りの再会か、よく思い出せませんでしたが、長い月日が経っているのは確かですし、彼らのラボに留学しなかったら、今の私はなかったのも絶対です。
年休をとって半日お付き合いしました。まずは京都駅で昼食をとり、この日はそれ以前よりはマシでしたが、猛暑を避けるため北へ向かい、貴船神社を訪ねました (写真左)。あいにくと、着いた頃から雨が降りだし (写真中)、湿気が増して不快でしたが、有名な水占い (吉!) などを楽しみました (写真右)。長いこと京都に住んでいますが、貴船神社を訪ねたのは初めてのような気がします。

MJ-1 MJ-2 MJ-3

近くの冷房がよく効いているカフェでおしゃべりしながら汗が引くのを待っていると、雨が止みましたので、奧宮へ徒歩で向かいました。写真左は樹齢千年以上の夫婦杉。

MJ-4 MJ-5 MJ-6

 

奥宮からの帰りに、貴船川辺りに降りることができました。そこはとても涼しくて、またおしゃべりしながらしばし涼みました。

MJ-7 MJ-8 MJ-9

もう一件カフェで時間を潰し、いよいよ夕食は有名な川床です (写真はカフェから見た川床)。

MJ-10 MJ-11 MJ-12

残念ながら雨のため、川床での食事はできませんでしたが、鯉やアマゴ、鮎 (小振りでしたが、久しぶりに美味しくいただきました、写真右) などの川魚を中心としたコースを堪能しました。

MJ-13 MJ-14 MJ-15

食事後に京都駅まで戻ってお別れです (吉田氏が新幹線で送りました)。長期の休みをとってメルボルンにぜひ遊びに来いとのことです。いつになったら、この約束を果たせるでしょうか。


少年剣道全国大会

2023年07月28日

7月27日 (木) に日本武道館において第57回全国道場少年剣道大会 −小学生の部― が開催されました (写真左)。私は前日夜遅くに東京入りし、その日は年休をとっての応援観戦です。9時開会式で (フロアーに降りたのは最初の方の選手のみ、写真中)、その後総勢 674 チーム (3人戦ですので選手総数 2,022名) が16試合場に分かれて試合が始まりました。各試合時間2分ですので、1試合6分程度です。わが太秦少年柔剣道愛好会 (写真右) は第8試合場の25番目、2時間半ほど待たされました。館内は冷房がかかっていますが、人が多すぎて効きが悪く、暑い中の我慢でした。

Shonen Kendo-1 Shonen Kendo-2 Shonen Kendo-3

対戦相手は長野県のクラブチーム。気合を入れて臨みましたが、実力差は歴然としていて、3人とも2本面を取られて負け、1回戦敗退となりました。ただし、中堅の咲太郎は1本面を取り返してくれました。予選会で1人だけ2敗だったのが悔しかったようで、その後の稽古ではとても大きな声を出すようになり、出稽古にも進んで参加して力をつけました。3人とも全国大会出場が励みになり、成長した姿を見せてくれています。「力を合わせて全国大会に行きましょう」と言わせ続けて本当によかったです。次の目標は「全国大会で1勝」となりました。

Shonen Kendo-4 Shonen Kendo-5 Shonen Kendo-6
礼に始まり             先鋒 丈瑠            中堅 咲太郎

Shonen Kendo-7 Shonen Kendo-8 Shonen Kendo-9
咲太郎の面に白旗3本        大将 初葵            礼に終わる


ブログの記事

ブログのカレンダー

2024年3月
S M T W T F S
25 26 27 28 29 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

アーカイブ