Blog

最終講義 & 祝賀会 & B B Q

2024年03月30日

とうとうこの日がやって来ました。2003年11月から20年と5ヵ月在籍した京都大学大学院理学研究科を明日 (3月31日) 定年退職します。それに先立って3月23日 (土) に最終講義と祝賀会が行われました。吉田秀郎氏 (兵庫県立大学教授)、3’期生の小田裕香子さん (4月1日から京都大学大学院生命科学研究科教授)、16期生の陳 炳碩君 (4月1日から京都大学高等硏究院特定助教) の3人が準備と運営に大活躍してくれました。

final-1 最終講義は15時から京都大学百周年時計台記念館で行われました。タイトルは「小胞体ストレス応答に魅せられた35年 −理学での20年を中心に− でした。大入りとは言えませんでしたが、16期生で洛南高校の教師をしている寺野清明君が生徒さん達を多数連れて来てくれました (写真下左)。

講演内容はサブタイトル通りにしようと思っていたのですが、2月初めに行われたAMED-CRESTの成果報告会に来ていた吉田さんと小田さんから、そんな普通の最終講義を聞いても面白くない、私の研究の中で一番面白いPeter Walter とのバトルを話せ!と言われましたので、努力と工夫を重ねてそのバトルを生々しく話したら大好評でした。

final-2 final-3
 

祝賀会は18時から京都ホテルオークラで、総勢100人で行われました (写真上右)。普通は定年退職祝賀会となるのですが、気持ちの落ち込みを抑えるため研究続行祝賀会としてもらいました (実際、4月1日から高等硏究院所属となり、薬学部内のレンタルスペースを借りて小規模で研究を続行します)。昔馴染みの石田玉美さんに司会をお願いし、無礼講の会にしたいと希望したら、その通りの楽しい会となりました。ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。

翌24日から、ラボの卒業生と高取山へ1泊旅行に出かけました。いつもなら肉以外は前日に買い物を済ませておくのですが、今回はそうできず、買い物に結構時間がかかり、1時からの体育館での運動には間に合いませんでした。4時半頃に到着し、いつも通りの大BBQパーティが行われ、16 kgの肉を完食 (写真左は全量の5分の1)、大いに飲んで、良い思い出となりました。ありがとう!

final-4 final-5


ブログの記事

ブログのカレンダー

2024年5月
S M T W T F S
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

アーカイブ