Blog

インド・プネーの石窟

2016年05月26日

ニューデリー観光を終えてプネーへ。学生が迎えに来てくれてゲストハウスへ。エアコン完備の広い部屋に宿泊させてくれました。9日夜は学生達がレストランへ、10日夜は大学側がレストランへ連れて行ってくれましたので、やはりカレーばっかりでしたが、とても美味しくいただきました。インドでも都会だといい感じですね。コルコタは産業のない貧しいところでしたが、プネーは今発展中の都市でした。

3India-1 10日は朝6時出発で (渋滞を避けるため、写真のように明るくなり始めた頃)、学生達が車で観光に連れて行ってくれました。3カ所の石窟めぐりです。今回の旅では、インドの石の文化を存分に味わうことができました。いずれの石窟も紀元前2世紀頃から岩山に彫られたもので、その大きさに圧倒された感があります。 細かな装飾も施されていました。本当にどうやって彫ったのでしょうか。ガイドブックにも載っていない場所ですので、写真でお楽しみ下さい。アップアンドダウンを良く歩きました。明け方、雷とともに大雨が降ったので、さわやかな一日となり、ラッキーでした。心地よい疲れで、Public lecture に臨むことができました。

(1)Bhaja caves(管理人がいるだけで、あまり人は訪ねてこない様子です)

山に囲まれた平原に(遠くの山が水平に切り取られているように見えますが、集団で住んでいた様です、敵の攻撃から守りやすかった)、舗装された登り坂があり、しばらく行くと石窟が現れました。早朝に着いたので、まだ管理人が来る前でした。
3India-2 3India-3 3India-4

石窟の全容
3India-5 3India-6 3India-7

案内してくれた学生達と (後列右のひげ男が招待メールをくれた Pravin)、ストゥーパ (釈迦が荼毘に付された際に残された仏舎利を納めた塚)、彫刻。
3India-8 3India-9 3India-10

(2)Karla caves(仏教寺院、完全に観光化されていて、登山道の両脇に店が並んでいました)

規模はさらにスケールアップ。ホントにビックリな大きさでした。
3India-11 3India-12 3India-13

全ての壁に見事な彫刻。
3India-14 3India-15 3India-16

柱の上にも人と動物の彫刻。全て模様が異なっています。
3India-17 3India-18 3India-19


ブログの記事

ブログのカレンダー

2021年5月
S M T W T F S
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

アーカイブ