森先生について

Dr. Mori is a leading researcher in 
the field of Protein Quality Control,
   focusing on the biological and
  physiological importance of the 
Unfolded Protein Response (UPR).

mori (at) upr.biophys.kyoto-u.ac.jp


Blog

カーソルを当てたときに左下に虫眼鏡がでてくる写真はクリックすると拡大します

「細胞の中の分子生物学」第5刷と新学術領域研究

2017年08月06日

毎日無茶苦茶に暑いですね。おまけにスコールのような土砂降りまで。体にこたえますね。皆様、暑中お見舞い申し上げます。

拙著「細胞の中の分子生物学」第5刷 1,000 部が刊行されることになりました。これで合計 17,000 部です。読まれ続けていることはやっぱり嬉しいですね。

更に、新学術領域研究「細胞機能を司るオルガネラ・ゾーンの解読」(領域代表・清水重臣・東京医科歯科大学教授) が採択され、8月4日東京医科歯科大で第1回総括班会議が開催されました。

日本には、個人としてだけでなく、グループとして申請する研究費があります。これが重点領域とか特定領域とか言われていたときには、タンパク質やオルガネラの研究はよくサポートされていたのですが、新学術領域研究と名前が変わって「新しさ」が求められるようになると、オルガネラ研究はずっと前から行われている古い研究だと審査員に思われてしまい、「オートファジー」以外、誰がどんな組み合わせで挑戦しても跳ね返され続けて来ました。私も過去5年間、領域代表として3回、計画研究の代表として2回挑戦しましたが、いずれも不採択でした。

小胞体やゴルジ体といったオルガネラの内部はこれまで均質と捉えられていましたが、今回の申請では、異なる役割を持つゾーン (和訳は局域) の集合体であるという新しい概念でオルガネラを捉えようとするところが極めて高く評価され、オルガネラ業界の悲願達成となりました。

グループ研究費では年に1回班会議が開催され、これが若手研究者や大学院生に大きな刺激になります。大きな学会でポスター発表しても、教授達はなかなか見に来てくれませんが、班会議でポスター発表すれば教授達が聞きに来て熱く議論してくれるのです。今年を含めて5年間サポートされますので、今後の研究の発展と若手の成長が楽しみです。勿論、私も頑張ります。


ブログへ »

森研究室鍵論文

  • Forcible Destruction of Severely Misfolded Mammalian Glycoproteins by the Non-glycoprotein ERAD Pathway.
    J. Cell Biol., 2015
  • EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step.
    J. Cell Biol., 2014
  • ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish
    Mol. Biol. Cell, 2013
  • Induction of Liver Steatosis and Lipid Droplet Formation in ATF6α-knockout Mice Burdened with Pharmacological Endoplasmic Reticulum Stress
    Mol. Biol. Cell, 2010
  • ATF6 is a transcription factor specializing in the regulation of quality control proteins in the endoplasmic reticulum
    Cell Struc. Func., 2008
  • Transcriptional induction of mammalian ER quality control proteins is mediated by single or combined action of ATF6α and XBP1
    Dev. Cell, 2007
  • A time-dependent phase shift in the mammalian unfolded protein response
    Dev. Cell, 2003
  • XBP1 mRNA is induced by ATF6 and spliced by IRE1 in response to ER stress to produce a highly active transcription factor
    Cell, 2001
  • Mammalian transcription factor ATF6 is synthesized as a transmembrane protein and activated by proteolysis in response to endoplasmic reticulum stress
    Mol. Biol. Cell, 1999
  • Identification of the cis-acting endoplasmic reticulum stress response element responsible for transcriptional induction of mammalian glucose-regulated proteins; involvement of basic leucine zipper transcription factors
    J. Biol. Chem., 1998
もっと見る »