森先生について

Dr. Mori is a leading researcher in 
the field of Protein Quality Control,
   focusing on the biological and
  physiological importance of the 
Unfolded Protein Response (UPR).

mori (at) upr.biophys.kyoto-u.ac.jp


Blog

カーソルを当てたときに左下に虫眼鏡がでてくる写真はクリックすると拡大します

初のスコットランド、グラスゴー

2019年07月28日

6月30日 (日) 〜7月3日 (水) にスコットランドのグラスゴーで開催された “Protein Dynamics in Cancer” という国際会議に出席してきました。癌の研究はあまり進んでいないのですが、初のスコットランドなので招聘を受けました。

6月28日 (金) 4限の講義が終わった後、自宅に戻って荷物を整えて伊丹空港に向かい、20時20分発の JAL で羽田へ。空港内のラウンジで約4時間過ごした後 (長かった!)、深夜1時55分発の British Airways でロンドンに向かいました。12時間半のフライト中はよく眠れて、6月29日 (土) の朝6時半に着きました。3時間待ってインバーネスに向かい (この目的はこの後のブログで紹介します)、2時間弱のフライトで到着。タクシーに乗って、予約していたホテルに到着したのは、自宅を出てから約24時間が経っていました。日本との時差は8時間です。

6月30日 (日) ホテル (写真左) を出て徒歩で駅に向かい、午前10時53分発の列車 (写真中・右ファーストクラスを利用) に乗って目的地のグラスゴーへ。一度乗り換えましたが、車窓から見えるのはずっと牧草地というのんびりしたものでしたので、発表用スライド作成に集中することができました。約3時間の旅を終え、タクシーで会場 (主催者である Beatson 研究所) へ。グラスゴー (スコットランド) は寒くて雨という印象を持っていましたが、会議期間中はよく晴れていて、少し肌寒いという程度でした。ですが、会場内がよく冷えていて、持参した厚手のセーターが膝掛けとして役に立ちました。15時半から会議が始まり、プレナリーレクチャーと2つの short talk の後、David Ron がキーノートレクチャーを行いましたが、イントロの後は癌とは関係ない生化学的解析結果の話だったのにちょっと驚きました。1日目の夕食は Beatson 研究所内でバイキング形式でした。

Glasgow-1 Glasgow-2 Glasgow-3

2日目から会場がグラスゴー大学 (写真下左) に変わり、ホテルから約10分間の徒歩。セッションテーマが午前・午後で変わっていき、ユビキチン、小胞体ストレス、翻訳、ポスターセッション、オートファジーの順でした。講演者は皆、膨大なデータを話すのでついて行くのが大変でした。会議期間中、昼食はサンドイッチ (いろんな種類が用意されていました) でした。

Glasgow-4 Glasgow-5

2日目午後のセッションの最後が私の出番で、持ち時間は30分。ステンドグラスに囲まれた会場 (写真上右) で話すのは初めての経験です。招聘を受けたときはもっと癌関連のデータが出ていると期待していたのですが、そうはならず、途中経過を話した後、メダカを用いた生理的小胞体ストレスの話をしたら、面白かったと言ってくれた人が何人かいました。癌関連データの少なさをボリュームでカバーする早口トークでしたので、再び招聘されるかはわかりませんね。まあいいでしょう。

2日目の夕食は招待講演者のみが招待されてレストランにて。スコットランド人はしょっぱいものと甘いものが好きだそうです。1品目はチキンレバーのソテー (写真左)、2品目の焼いたタラにかかっているソースが本当にしょっぱく (写真中、血圧に悪そう)、3品目のデザート・ケーキは本当に甘かった (写真右、体重に悪そう)。夕食後、誘われて元チャーチ内のバーへ。現地の研究者に勧められてウィスキーをストレートでいただきました。強かったですが、美味しかったです。

Glasgow-6 Glasgow-7 Glasgow-8
 

3日目の夜は、ホテルの向かいの元チャーチ (写真左) 内のレストランでバンケット。豪華な内装に (写真中・右)、民族音楽のお迎え (一番下左)。

Glasgow-9 Glasgow-10 Glasgow-11

1皿目は前菜3種盛り (写真左)。2皿目はチキン (写真中)。内部に詰め物がしてあって見た目以上にボリュームたっぷりでしたので、3皿目のパンナコッタ (写真右) には手が出ませんでした。

Glasgow-12 Glasgow-13 Glasgow-14

料理が終わると、音楽とフォークダンスの始まり (写真中・右)。私はこの辺りで退散しました。騒々しい中での英会話は苦手なのですが、short talk 者の中に日本人 Beatson 研究所員がいて、楽しくいろんなお話ができ、とても助かりました。

Glasgow-15 Glasgow-16 Glasgow-17

 

「ブログ」をクリックして「初のスコットランド、インバネス」と「初のスコットランド、エディンバラ」もお読みください。

 


ブログへ »

森研究室鍵論文

  • UPR Transducer BBF2H7 Allows Export of Type II Collagen in a Cargo- and Developmental Stage-Sp
    J. Cell Biol., 2017
  • Unfolded Protein Response Transducer IRE1-mediated Signaling Independent of XBP1 mRNA Splicing
    eLife, 2017
  • Forcible Destruction of Severely Misfolded Mammalian Glycoproteins by the Non-glycoprotein ERAD Pathway.
    J. Cell Biol., 2015
  • EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step.
    J. Cell Biol., 2014
  • ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish
    Mol. Biol. Cell, 2013
  • Induction of Liver Steatosis and Lipid Droplet Formation in ATF6α-knockout Mice Burdened with Pharmacological Endoplasmic Reticulum Stress
    Mol. Biol. Cell, 2010
  • ATF6 is a transcription factor specializing in the regulation of quality control proteins in the endoplasmic reticulum
    Cell Struc. Func., 2008
  • Transcriptional induction of mammalian ER quality control proteins is mediated by single or combined action of ATF6α and XBP1
    Dev. Cell, 2007
  • A time-dependent phase shift in the mammalian unfolded protein response
    Dev. Cell, 2003
  • XBP1 mRNA is induced by ATF6 and spliced by IRE1 in response to ER stress to produce a highly active transcription factor
    Cell, 2001
もっと見る »