森先生について

Dr. Mori is a leading researcher in 
the field of Protein Quality Control,
   focusing on the biological and
  physiological importance of the 
Unfolded Protein Response (UPR).

mori (at) upr.biophys.kyoto-u.ac.jp


Blog

カーソルを当てたときに左下に虫眼鏡がでてくる写真はクリックすると拡大します

長沙、今年2回目の中国

2018年10月23日

中国衰老 (老化) 学会からの招きで、10月18日 (木) 〜21日 (日) に内陸部の長沙 (ちゃんしゃ) へ行ってきました。地方都市でも人口は100万人をゆうに超えるそうで、高層ビルが建ち並び、さらに多数建築中で (放置されていそうな古いビルも結構見受けられましたが)、中国の勢いを感じました。関空からの直行便は毎日は飛んでいなくて、行きも帰りも北京経由でした。3時間ほどのフライトが2回なので、それほど大変ではありませんでしたが、4つの便ともほぼ満席でした。

滞在したホテルも立派で (写真下左)、そこからチャーターバスですぐの病院 (多数の大学院生が在籍しているそうです) の講堂で学会は開催されました (写真下中)。老化研究はまだマイナーのようで、参加者はさほど多くはありませんでしたが、熱気を感じました。中国人の発表はほぼマウスの実験結果で (応用を考えているためか、動物としてはマウスを使う研究でないと研究費がもらえないそうです)、表現型解析が中心でしたが、レベルは着実に上がっていますね。1人 (米国で研究中) がゼブラフィッシュの解析結果を話しました。

Changsya-1 Changsya-2 Changsya-3

計8人の外国人が招待されていて、老化研究の初心者としては学ぶことが多くありました。私の講演は、土曜日のトップとして朝8時から1時間でした。いつも通り、小胞体ストレス応答研究の30年を纏めて話し、最後に老化研究の話で締めくくったらとても好評でした。土曜日の夜にはバンケットが催され (写真上右)、例の‘白ワイン’もテーブルの上に置かれていましたが、ここの方々は無理強いをせず、赤ワインを楽しみました。3食とも中華料理でしたが、日本の中華料理屋ではあまり出てこないものが多く、美味しくいただきました (やはりボリュームはすごいですが)。この辺りの料理は辛いのが特徴だそうで、時々突然超辛いものが口のなかに飛び込んできて咳き込んでしまいましたが、堪能しました。ホテルの朝食では、幅広麺と細麺を選べるスープ麺が特に美味しかったです。学会は金曜日の午後から日曜日の夕方までなのですが、月曜日の2限に講義があるため、日曜日の朝に現地を発ちました。総じて来てよかったなという印象です。

空港でのピックアップから最後の空港でのチェックインまで、深津絵里さん風の大学院生が付いてくれて楽でした。勿論、彼女は運転をしません。発展途上国 (都市) の特徴で運転が荒く、クラクションがしょっちゅう鳴っていました (寝ているときもうるさいくらい)。彼女は初めての経験なので緊張していると言っていましたが、よく気がつき、よく小さく笑う娘でした。マウスの実験で炎症の研究をしていて中々論文ができず大学院生を7年もしているとのことです。生活費は病院が出してくれているそうです。日本と違って、中国では大学院生への手当が厚い!やばいです。

金曜日の午前中は空いているので、インターネット検索で得た岳麓山 (中国五岳のひとつ) に行く時間があるかと聞いたら、彼女が連れて行ってくれました。地下鉄で行くのかと思ったらタクシーを呼んでくれました。今中国ではスマホでタクシーを呼び、QRコードを読み取って決済するのが普通になっていますが、これだと中国語が話せないとどこに来てくれるのかわかりません。流しはあまり走ってないそうで、中国語を話せない外国人には不便なシステムですね。

麓について、まずロープウエーで一気に頂上まで。といっても300 m の低い山ですが、歩いて登ると大変そうです。記念写真を撮ってから帰りは歩きました。気温もちょうどよく、心地よい散歩でした。麓に岳麓書院 (アカデミー、中国四大書院のひとつ) があって、見学しました。そういえば、ここは故毛沢東主席の故郷だとか。帰りも勿論タクシーです。彼女のおかげで気軽に観光できました。感謝。空港での別れ際に、論文頑張れと言っておきました。講演が大好評だったので、近い将来また中国にくることになりそうです。

Changsya-4 Changsya-5 Changsya-6

Changsya-7 Changsya-8 Changsya-9

Changsya-10 Changsya-11 Changsya-12

日曜日夜に関空に着いたら、ノーベル化学賞を2008年に受賞された下村脩先生が亡くなられたとのネットニュースが飛び込んで来ました。下村先生にお目にかかったことは2013年9月29日のブログに詳しく書かせていただいております。下村先生のご業績なしで今日の細胞生物学の発展はありえません。改めて感謝申し上げるとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。


ブログへ »

森研究室鍵論文

  • UPR Transducer BBF2H7 Allows Export of Type II Collagen in a Cargo- and Developmental Stage-Sp
    J. Cell Biol., 2017
  • Unfolded Protein Response Transducer IRE1-mediated Signaling Independent of XBP1 mRNA Splicing
    eLife, 2017
  • Forcible Destruction of Severely Misfolded Mammalian Glycoproteins by the Non-glycoprotein ERAD Pathway.
    J. Cell Biol., 2015
  • EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step.
    J. Cell Biol., 2014
  • ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish
    Mol. Biol. Cell, 2013
  • Induction of Liver Steatosis and Lipid Droplet Formation in ATF6α-knockout Mice Burdened with Pharmacological Endoplasmic Reticulum Stress
    Mol. Biol. Cell, 2010
  • ATF6 is a transcription factor specializing in the regulation of quality control proteins in the endoplasmic reticulum
    Cell Struc. Func., 2008
  • Transcriptional induction of mammalian ER quality control proteins is mediated by single or combined action of ATF6α and XBP1
    Dev. Cell, 2007
  • A time-dependent phase shift in the mammalian unfolded protein response
    Dev. Cell, 2003
  • XBP1 mRNA is induced by ATF6 and spliced by IRE1 in response to ER stress to produce a highly active transcription factor
    Cell, 2001
もっと見る »