森先生について

Dr. Mori is a leading researcher in 
the field of Protein Quality Control,
   focusing on the biological and
  physiological importance of the 
Unfolded Protein Response (UPR).

mori (at) upr.biophys.kyoto-u.ac.jp


Blog

カーソルを当てたときに左下に虫眼鏡がでてくる写真はクリックすると拡大します

蜷川暁特定助教が生化学会奨励賞を受賞

2020年09月14日

コロナ禍でブログを全く更新できなくなっていましたが (出張もほぼないし、書くことがない!)、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は普通に元気です。少年剣道の指導も再開しています。

本日、蜷川暁特定助教が栄えある日本生化学会奨励賞を受賞し、受賞講演をリモートで行いましたので (残念ながらですが)、ご報告いたします。日本糖質学会奨励賞とのダブル受賞です

 日本糖質学会奨励賞:
 高等動物における N 型糖鎖のマンノース切除を基軸とした小胞体関連分解機構の解析

 日本生化学会奨励賞:遺伝子破壊法を用いた小胞体関連分解機構の解明

小胞体関連分解は、小胞体におけるタンパク質の品質管理を担う重要な機構です。糖鎖依存的小胞体関連分解に関与するマンノシダーゼの実体を解明し、その酵素が実際に酵素活性を発揮することを証明したことが高く評価されました。益々、活躍してくれることを期待しています。

young-1 young-2 young-3

 


ブログへ »

森研究室鍵論文

  • UPR Transducer BBF2H7 Allows Export of Type II Collagen in a Cargo- and Developmental Stage-Sp
    J. Cell Biol., 2017
  • Unfolded Protein Response Transducer IRE1-mediated Signaling Independent of XBP1 mRNA Splicing
    eLife, 2017
  • Forcible Destruction of Severely Misfolded Mammalian Glycoproteins by the Non-glycoprotein ERAD Pathway.
    J. Cell Biol., 2015
  • EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step.
    J. Cell Biol., 2014
  • ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish
    Mol. Biol. Cell, 2013
  • Induction of Liver Steatosis and Lipid Droplet Formation in ATF6α-knockout Mice Burdened with Pharmacological Endoplasmic Reticulum Stress
    Mol. Biol. Cell, 2010
  • ATF6 is a transcription factor specializing in the regulation of quality control proteins in the endoplasmic reticulum
    Cell Struc. Func., 2008
  • Transcriptional induction of mammalian ER quality control proteins is mediated by single or combined action of ATF6α and XBP1
    Dev. Cell, 2007
  • A time-dependent phase shift in the mammalian unfolded protein response
    Dev. Cell, 2003
  • XBP1 mRNA is induced by ATF6 and spliced by IRE1 in response to ER stress to produce a highly active transcription factor
    Cell, 2001
もっと見る »